0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。


ステーキ&すき焼セット 石井食品 おかやま和牛

ステーキ&すき焼セット 石井食品 おかやま和牛

  • 食品
¥13,750 税込
商品コード: 97006-ishiishokuhin
関連カテゴリ
必須  詳細説明
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
「和牛のルーツ」特選千屋牛ステーキ&すき焼セット
内容量:サーロインステーキ300g(約 150g×2枚)、ローススラ イス300g
規格:発送より30日保証
生産国:岡山産

商品詳細


「和牛のルーツ」特選千屋牛ステーキ&すき焼セット

内容量:サーロインステーキ300g(約 150g×2枚)、ローススラ イス300g

規格:発送より30日保証

生産国:岡山産





牛ホルモンは鮮度が命!

処理されてからは、いかに早く処理するかがおいしいホルモンにするための秘訣です。

当社では食肉処理場に専属の常駐社員を派遣し、熟練された技術によって

処理・洗浄・冷却の工程を行い、毎日新鮮でおいしいホルモンを仕入れています。





1 タン

牛内臓の中でも一番メジャーな存在のタン。 先端は脂サッパリのコリコリ食感。 

根元は脂のり良くやわらか食感。 焼肉に、ステーキ、煮込みに大活躍ですが、 石井食品のオススメは牛タンしゃぶしゃぶ!




2 ツラミ(ホホニク)

良く動く部位なので食感はかためですが、脂のりも良く旨味も強い。 焼肉にも煮込みにも活躍します。




3 ハツモト(大動脈)

名コリコリ、タケノコ。岡山県北ではヨメナカセとも呼ばれてます。 

別名にある通りコリコリとした食感が楽しめます。 身が厚い部分には隠し包丁を入れます。




4 ハツ(心臓)

ビタミンB1、ビタミンB2、鉄分を豊富に含んでいます。 カットサイズを変えて、

炒めものにも焼肉にもお使い頂けます。 きめ細やかな筋繊維で食感も良く、 脂肪分が少なく臭味もないため食べやすい部位です。




5 サガリ・ハラミ(横隔膜)

サガリは脂少なめでサッパリ味、ハラミは肉の旨みたっぷりの部位です。

 高タンパク質、ローカロリー、しかもやわらかいお肉ですので、人気の高い部位です! 

一見赤身肉のように思われますが、肺にくっついている横隔膜なので内臓肉となります。




6 ミノ(第一胃)

第一の胃で一番大きい胃です。あっさりとした味わいにサクッとした歯ごたえ。 

肉厚の上ミノは焼肉に、薄い並ミノは煮込みなどにも適してます。




7 ハチノス(第二胃)

第二の胃で内側のヒダがまるでハチノスの様に見える事からハチノスと呼ばれます。 

食感はかたく、独特のにおいがあるため、一度ボイルしてから焼肉用にカットされます。 

イタリアではトリッパと呼ばれ、トマトと赤ワインで煮込まれた料理が一般的です。




8 センマイ(第三胃)

第三の胃で内側に沢山のヒダがあり千枚あるように見える事からこの呼び名に。 

食感はコリコリ、味わいはサッパリ。焼き肉はもちろん、もつ鍋にも最適です。




9 ギアラ(第四胃)

第四の胃で別名アカセンマイ。その名の通り淡い赤色をしている。

 肉厚な身の中に旨味がぎっしりと凝縮されており、 ホルモン好きには外せない一品です!




10 レバー(肝臓)

鉄分、タンパク質、ビタミンA・B2が豊富な部位。 炒めもの、焼肉などはもちろんテリーヌやパテなど、

 独特の匂いを取り除けば、この上ない一品になります。




11 ヒモ(小腸)

別名コテッチャンの名称で親しまれる部位。 脂が美味しく焼く時にも身から焼いて、

2/3程度に縮んだら返して脂を適度に落とします。 もつ鍋に入れると旨味たっぷり、甘みのある脂が最高のもつ鍋に仕立てます!




12 モウチョウ(盲腸)

少量の塩が入った沸騰した湯で茹でると、独特の匂いも抑えられ、やわらかくなります。




13 シマチョウ(大腸)

名前の由来は身に綺麗な縞模様が入っているから。テッチャンの名称で親しまれる、

 内臓の代表のような存在。脂のしっかりと残っている物は焼肉に、 もつ鍋に。脂少なめは味噌煮込みや炒めものにも最適です♪




14 テッポウ(直腸)

肉厚でハードな食感で、脂は少ないですが濃厚でコクのある味わいです。




15 テール(尻尾)

肉質はかなり硬めですが、コラーゲンが多く含まれ、煮込むことでゼラチン化してホロホロっとした食感に♬

テールスープが定番料理ですが、輪切りにしたテールを焼肉にすることも。 良く焼いて食べると旨味が凝縮された味わいです。




16 アキレス(アキレス腱)

いわゆる牛すじを呼ばれる、おでんの具で良く目にする部位です。 非常に硬い部位ですが、

コラーゲン豊富で長時間煮込むことで、やわらかくなります。 赤身肉のスジなどと一緒に味噌煮込みするとこの上なく美味。






石井食品の国産牛ホルモン


食肉処理場から届いた新鮮な国産牛ホルモンにこだわり、 専属の職人により下処理をし、

焼肉・もつ鍋用として、牛ホルモンの美味しさをお届けします。


おいしいステーキの焼き方

肉料理の代表格であるステーキ! 時には奮発して家族に食べてもらいたいと思うものの、 
「おいしい肉は高く、安い肉は硬くていまいち……」と躊躇する人も多いのでは? そんな皆様へ! 
安い牛肉でも、ジューシーで柔らかく仕上げる方法をご紹介します。




Step.1肉を常温に戻しましょう

冷蔵庫から出したての肉は冷たく、加熱に時間がかかります。 冷たいままの肉を焼くと、
「表面は焼けたけれど中は生焼けだった」 「中まで火を通すのに時間がかかってパサパサになってしまった」
なんていう失敗のもとに。 焼き始める15〜30分前に冷蔵庫から出し、常温に戻しておきましょう。
これは高級和牛の場合も同様に常温に戻しましょう!!

Step.2筋切りをしましょう



肉を加熱すると、肉の繊維質が急激に縮み、形や大きさが変わります。 
反り返ってしまって上手に焼けなかったり、食べた時に筋を感じたりする原因に。 
これらを防ぐために、切り目を入れて、繊維質を短くしておきます。

Step.3は直前に

ジューシーなお肉を食べたいなら、塩をふるのは焼く直前! 早めに塩をして、
長い時間置いておくと、お肉は固くなってしまいます。 
これは浸透圧の作用で、塩をふって時間がたつとお肉の水分が流れ出してしまうためです。
★ワンポイント★ 塩は肉の量の0.8%〜1%が目安です(肉が200gなら1.6g〜2g程度)



Step.4フライパンで焼いてみましょう!



①常温のフライパンの上に肉を置き、弱火で火をつける。
※ステーキはまず強火で焼くというのが常識になっているかと思いますが、 肉汁が流れ出るのを抑える為に弱火でスタート。 この時フライパンからは音が聞こえてきません。



②肉の側面が半分くらいのところまで白く色が変わってきたら、ひっくり返します。
※ひっくり返した後も火力はそのまま、もう片面も同じように焼いていきます。
 肉の表面にじわっと肉汁が浮かび出すと中心温度は55〜60℃(65℃は超えないように!)



③一旦、火を止めて余熱調理。
※火を止めフライパンの上で、そのまま肉を休ませる。(2分程度)
④火力を強火にし、両面に焼き目を付ける。
※最後に強火で焼く事により、肉汁の流出をおよそ半分に抑える事が出来るんです!
 まさにこの時「メイラード反応」を起こし、焦げ目を付け表面の細胞が壊れ、 噛み切れる状態へとなっていきます。



⑤肉の芯まで熱が浸透するように一旦フライパンから出し、
暴れる肉汁を落ち着かせる。
※強火で焼いた直後の肉は肉汁が流れやすいので、より旨味を肉に閉じ込める為、 
暴れる肉汁を落ち着かせます。そしてここでコショウをかけます。



⑥ソースの作り方

ステーキが焼きあがったら、今回は簡単に作れる和風オニオンソースをご紹介します。


材料(ステーキ約200gの場合)

たまねぎ……1/4個(すりおろし)

酒……大さじ2

みりん……大さじ1

醤油……大さじ1

にんにく……(すりおろし)少々


作り方

① ステーキを焼いたフライパンに酒、みりんを入れ、強火で煮立たせる。

② たまねぎ、醤油、にんにくを入れ、ひと煮立ちさせて完成。


⑦お肉をカットして、ソースをかけたら出来あがり


メイラード反応ってご存知ですか?

加熱した状態で、糖とアミノ酸が反応して、茶色く色づき様々な香り成分を生む反応の事で高温の鉄板に肉をおくことで、 肉の表面の細胞が破壊され、細胞内に含まれていたアミノ酸と糖が流出する。それが鉄板の上で加熱され茶色く色づき、 香り成分が生まれる、これが「メイラード反応」。 「メイラード反応」がもっとも進むのは155℃の温度。 ガンガン熱したフライパンの上だと、急速に「メイラード反応」が進んでいく。 このように、ガンガン熱したフライパンで、しっかり焼き目をつけて、「メイラード反応」をしっかり引き起こしたステーキは、 本当においしそうな香りがして、ステーキという料理法の素晴らしさを感じられます。

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿
おかやま和牛 ステーキ&すき焼セット|LaFan(ラファン)本店

ステーキ&すき焼セット 石井食品 おかやま和牛の商品詳細